CBDオイルのCBDって何?

Pocket

最近、医療用大麻やCBDオイルという単語を聞くようになってきました。

日本では大麻取締法で規制されていますが、世界的に大麻は人の健康維持、医療目的で使われるようになってきています。一部の国では娯楽用にも使用可能です。

国内では、CBDオイルという形で健康食品として販売されています。

娯楽用は論外ですが、医療用での使用も原則禁止です。医師の個人輸入というのも不可です(研究は許可制)

CBDオイルとは何なのか簡単に解説します。

CBDとは?

CBDとは、カンナビジオールの略称で、大麻草などに含まれる成分の一つです。この成分をとるとリラックス作用があります。

また、アメリカの厚生労働省のような機関であるFDAが、CBDを主成分とした医薬品をてんかんの治療薬として認可しています。

大麻というと違法薬物で、摂取すると精神がハイになるようなイメージがあると思いますが、これは別のTHCと呼ばれる成分が原因です。

THCはテトラヒドロキシカンナビノールという成分です。CBDと同様、大麻草などから抽出されます。一言で言うと、精神がハイになる成分です。この成分のせいで、大麻は危険なドラッグであるといわれているといっても過言ではありません。

最近、CBDを抽出する技術が飛躍的に向上したため、このTHCとCBDが別々に取り出すことができるようになりました。そのため、大麻の成分が安全に使用できるという研究・開発が広まりました。

このTHCも悪者であるというわけではありません。適切に取り扱えば、多発性硬化症という病気の治療などにも使うことができます。

 

大麻=悪

というわけでは決してありません。

まとめ

CBD:リラックス作用

THC:ハイになる作用

CBDは正しく取り扱えば人に有用な成分です。

ですが、大麻の取り扱いは大麻取締法で禁止されていますので、輸入管理をしている会社から製品を購入することをお勧めします。

取り扱いには十分気を付けてくださいね。

Kazu
薬事法、医療健康ライター・コンサルのカズと言います。
外資系医療機器メーカーで薬事法(現薬機法)を10年使っておりました。
薬事法・景表法・医療法を踏まえ、医薬品、化粧品、健康食品、クリニックの広告の書き方について説明します。