株式会社宮本製作所 景表法違反で措置命令

株式会社宮本製作所 景表法違反で措置命令
Pocket

株式会社宮本製作所が販売する、「洗たくマグちゃん」「ベビーマグちゃん」「ランドリーマグちゃん」について、消費者庁は景表法違反で措置命令を出しました。

洗剤なしで洗濯物の汚れが落ちる画期的な製品だったようです。

なぜ違反になったのか簡単に説明します。

どう表示していたのか?

包装表示に下記のような表現をしていました。

ご家庭の水道水がアルカリイオンの水素水に変身!洗剤を使わなくても大丈夫なお洗濯

・部屋干しのイヤな臭いをスッキリ解消!

・菌の抑制

・除菌試験により99%以上の抑制効果が確認されています。

などと表示していました。

何が違反なのか

資料を見ますと、

洗濯用洗剤を使用して洗濯した場合と同程度に洗浄する効果、部屋干し臭の発生を防止する効果及び菌を99パーセント以上除菌する効果が得られるかのように示す表示をしていた

とのことです。

 

消費者庁から科学的根拠の提出を求められ、資料を提出しましたが、残念ながら納得のいく根拠を提出できなかったようです。

試験はしていたようですが、どうやら洗剤と一緒に使った食品汚れについてのデータなど、限られたデータしかないにもかかわらず誇大広告をしていたようです。

2021年5月現在、旧パッケージについては返金対応をしています。

 

なお、打消し表示についても指摘がありました。

・※但し特定の菌に限る

・泥汚れやファンデーション、機械油などの汚れは別途洗剤を使って部分洗いをお願い致します。

 

と書いていたようですが、分かり辛かったため、打消し表示としては認められませんでした。

打消し表示は、普通の文章と同じようなフォントでの起債が必要です。

まとめ

試験をした内容と同じ内容の広告にとどめましょう。

会社の信頼が損なわれるだけでなく、返金対応など、余分な業務が発生してしまいます。

参考資料

・株式会社宮本製作所に対するに対する景品表示法に基づく措置命令について

(令和3年4月27日) 消費者庁

https://www.caa.go.jp/notice/entry/023999/