新型コロナウイルスの景表法違反

新型コロナウイルスの景表法違反
Pocket

新型コロナウイルスのニュースが毎日流れています。

どうすればコロナウイルスの予防ができるのか、不安になる人も多いでしょう。

そんな不安を除くかのように、サプリメントを摂るだけで新型コロナウイルス対策ができる、という製品が販売されています。

ですが、景表法違反として改善命令が出されました。

人々に不安につけいる、最悪な事例です。

違反広告の例について掲載します。

景表法違反の例

健康食品

・新型コロナウイルスにも負けない体に!新型だろうが…なんでも来い!強力なウイルス対策ハーブ、オリーブの葉

・深海サメの肝油に含まれているアルキルグリセロールという成分が、新型コロナウイルスによる人体の免疫力破壊に対抗できる

・新型肺炎コロナウイルスの予防にはたんぽぽ茶

 

アロマオイル

・非常に強力な抗菌、免疫賦活の特質の精油を配合、新型コロナウイルス(COVID-19)の予防対策用ブレンド精油。ラビィンツァラ、タイム、スターアニス、ジンジャー、シナモンカシア他 12 種類の精油をブレンド。

 

光触媒スプレー

・新型コロナウイルス、脅威のウイルス対策に、光触媒により菌やウイルスの根本となる DNA を破壊し不活化、光触媒でウイルス不活化全身ガード!

 

違反の理由

科学的根拠がないという理由で景表法違反となりました。

 

また、健康食品については、問答無用で新型コロナウイルスの予防と話すことは薬機法違反です。

病気の予防を言うことはできません。

アロマオイルもアウトです。

スプレーについては景表法のみ警戒をすればよいです。

 

まとめ

人の不安をあおって、科学的根拠のないものを売ることはやめましょう。

消費者の方は買う必要はないです。寝ましょう!

 

新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする商品等の表示に関する改善要請等及び一般消費者等への注意喚起について(第2報)

https://www.caa.go.jp/notice/entry/019433/

Kazu
薬事法、医療健康ライター・コンサルのカズと言います。
外資系医療機器メーカーで薬事法(現薬機法)を10年使っておりました。
薬事法・景表法・医療法を踏まえ、医薬品、化粧品、健康食品、クリニックの広告の書き方について説明します。