濃度が足りない次亜塩素酸水の販売 景品表示法違反情報

濃度が足りない次亜塩素酸水の販売 景品表示法違反情報
Pocket

次亜塩素酸水を販売していた6名が、景品表示法違反で措置命令が行われました。

スプレータイプの次亜塩素水で除菌を意図した製品のようです。

罰金の支払いはないようですが、次亜塩素酸水の濃度を偽って、楽天市場やアマゾン、Yahoo!ショッピングなどで販売していました。

なぜ違反になったのか簡単に説明します。

どう表示していたのか?

次亜塩素酸水の濃度の表示の部分が今回の論点となります。

例えば、

「pH5.0~6.5有効塩素濃度50ppm」

「成分:200ppm次亜塩素酸水」

等と記載していました。

実際の濃度がこれらであれば、今回景品表示法違反になることはなかったはずです。

何が違反なのか

一言で言うと、この濃度が嘘だった、ということです。

措置命令を読むと

大幅に下回っていた

と書いてあります。

濃度は措置命令には書いていませんでしたが、もしかしたら、ほとんど水だったのかもしれません。

消費者庁が濃度についての根拠の提出を求めたときに、科学的な根拠によって証明できなかったため違反となりました。

これにともない、一般消費者に対してお詫びの文章を掲示する必要が有ります。

なお、返金しろという命令は出ていません。

 

まとめ

嘘ついたら駄目です!

参考資料

次亜塩素酸水の販売事業者6名及びアルコールスプレーの販売事業者1社に対する景品表示法に基づく措置命令について(令和2年12月11日)

消費者庁

https://www.caa.go.jp/notice/entry/022403/

Kazu
薬事法、医療健康ライター・コンサルのカズと言います。
外資系医療機器メーカーで薬事法(現薬機法)を10年使っておりました。
薬事法・景表法・医療法を踏まえ、医薬品、化粧品、健康食品、クリニックの広告の書き方について説明します。